Coria del Río The Spanish Town with a Unique Japanese Legacy

コリア・デル・リオ:独特な日本の遺産を持つスペインの町

なぜ400人の住民が『ハポン』という姓を持つのか コリア・デル・リオは、400年にわたる日本との特別なつながりを持つスペインの町であり、そのつながりは住民の姓『ハポン(Japón)』に現れています。アンダルシア地方に位置するこの町は、17世紀初頭に遡る日本との関係を維持しています。 コリア・デル・リオは、スペインのアンダルシア州セビリア県に位置する小さな町です。グアダルキビール川がこの町とアルハラフェ地方の他の地域にとって重要な役割を果たしています。植民地時代には、この川がアメリカとセビリア間の物資や資源の移動経路として機能していました。特に、コリア・デル・リオ付近の浅瀬は、セビリアへ向かう船舶が荷物を積み下ろしするための重要な停泊地となっていました。 In English: Coria del Río: The Spanish Town with a Unique Japanese Legacy 日本の使節の予期せぬ到着 1613年、仙台藩主の伊達政宗の庇護の下、ヌエバ・エスパーニャ(現在のメキシコ)及びスペインやバチカンとの外交・貿易関係を確立する野心的な計画が立てられました。政宗の家臣である支倉常長(はせくら つねなが)がこの使節団の代表として任命されました。彼は、以前日本に滞在し、この使節団の意義を政宗に説得したフランシスコ会の僧侶ルイス・ソテロと同行しました。 この使節団は、専用に建造された「サン・ファン・バウティスタ(San Juan Bautista)」号に乗って出発し、まずヌエバ・エスパーニャに上陸しました。彼らの目的は多岐にわたり、日本、フィリピン、ヌエバ・エスパーニャを結ぶ貿易ルートを確保し、日本におけるキリスト教布教の可能性を探ることでした。彼らはヨーロッパまで到達しましたが、スペイン商人が日本の使節団を競争相手と見なし、また日本国内でのキリスト教に対する政治的圧力が原因で、主に対立が生じました。 こうした複雑な対立により、使節団は1614年にコリア・デル・リオで一時停止を余儀なくされました。記録によると、彼らは数ヶ月間この町に滞在し、スペイン当局からのさらなる指示を待っていたとされています。最終的には、使節団の大部分が日本に戻りましたが、コリア・デル・リオに永続的な影響を残すこととなりました。 日本の遺産 コリア・デル・リオに到着した日本の使節団は、すぐに地域社会の一部となりました。滞在期間の長さや地元住民との友好関係により、一部の使節団員はスペインに残り、地元の家族と結婚しました。これにより、「ハポン」という独特な姓が町に生まれました。この姓は、17世紀の使節団に直接遡ることができる系譜を象徴しています。 … Read more

Now playing: Artist - Track